AGA治療薬と副作用

AGA治療薬は、CMがTVなどで流れるほど身近な存在になっていますが、実はAGA治療薬を服用することで副作用が出てしまう場合があります。 日本で有名なAGA治療薬としては「プロペシア」と「ミノキシジル」。 今回は東京新宿の植毛クリニックで自毛植毛の施術をした私が植毛専門クリニックの医師から聞いた知識を解説。それでは、それぞれのAGA治療薬が髪に与える効果と、発生してしまう恐れのある副作用について見ていきましょう。
 
 

プロペシア

錠剤タイプの飲む育毛剤であるプロペシア。これはAGA治療における代表的な薬の1つで、国内の臨床試験では3年間の使用で70%以上の人に改善傾向があったと報告されています。 プロペシアの主な成分となっているフィナステリドは、前立腺肥大症を治療するための薬として作られていました。その後抜け毛抑制作用があることが分かり、薄毛用の薬として使われるようになっていきました。

 

プロペシアには脱毛の発生を引き起こすプロペシアには脱毛の発生を引き起こすジヒドロテストステロンを抑えて、髪の成長バランスを整える効果があるといわれています。 髪の成長バランスを整える効果があるといわれています。

副作用

主な副作用は性欲減退と勃起機能低下の2つ。 それらの副作用に科学的な根拠はありませんが、科学者たちの間ではプロペシアを飲んだ人の精子が減少して、それによって性欲も減少しているのではないかと考えられています。

日常生活を送る上で特に問題が無い副作用ではありますが、子どもを作ろうとしている時などには影響が出てしまいます。

プロペシアは以下のような人は服用しないよう、注意が必要です。

  • 女性
  • 未成年
  • 前立腺の病気を患っている人

ミノキシジル

髪の毛を作り出す毛母細胞やその働きをサポートしている毛乳頭細胞は、血液の流れが滞ると働きが鈍って髪に必要な栄養素や血液などを行き届かせることができなくなってしまいます。そこで育毛剤の成分として注目されたのがミノキシジルでした。 ミノキシジルもプロペシアと同様に、もともとは別の病気の治療薬(高血圧の治療薬)として使われていました。

しかし血管を拡張して血行を促進する効果があったことから、毛母細胞や毛乳頭細胞の働きを活発にして発毛を促す育毛剤の成分として使われるようになったのです。

副作用

ミノキシジルの入った育毛剤を使用すると、かゆみやかぶれ、じんましん、皮膚炎などの副作用が発生する場合があります。 その発生率は含有量が多いほど高まっていきます。ミノキシジル1%の場合は利用者の約5%が、ミノキシジル5%の場合は利用者の9%に副作用がみられたようです。

また、もともと高血圧の方に処方していた薬なので、低血圧の方が摂取すると血圧が低くなり過ぎる危険性もあります。

ミノキシジルは以下のような人は使用しないよう、注意が必要です。

  • 心臓病を患っている人
  • 未成年
  • 頭皮にトラブルのある人
  • 高血圧の治療薬を服用している人

AGAの治療薬は髪に刺激を与えますが、それ相応の副作用も持っています。 治療薬の処方や自毛植毛など、AGAの治療にはさまざまな方法があります。

 

まとめ

このページを見た方は、副作用を知り、AGAの薬物治療において少なからず不安を覚えたかと思います。

しかしそう過度に心配することはありません。薬というのはどれも副作用というものはあるからです。要は適切な使用法で用量をきちんと守ることが何よりも大事なのです。

いずれの治療をする場合でも、私が施術を受けた東京新宿の親和クリニック新宿院の医師などの専門家にまず相談をしてから行うようにしましょう。自分ひとりで薬の使用量を決めてしまうのは危険なのでやめた方が懸命です。

 

 親和クリニックの公式サイトはこちら