薄毛に良い食べ物は?

当たり前のことではありますが薄毛が気になる人は食事にも気を使うべきです。けれどもどんな食べ物を選べば薄毛予防に役立つのかわからないという方も多いかと思います。 今回は薄毛に良い食べ物と悪い食べ物をご紹介します。東京新宿の植毛クリニックの医師らから聞いた話となります。

抜け毛の予防に良い食べ物

豆腐や豆乳はもちろんですが、納豆は特におすすめです。 「大豆イソフラボン」には薄毛につながる5αリダクターゼを抑制する効果が期待されています。納豆には大豆イソフラボンのほかに「亜鉛」も含まれています。 亜鉛も5αリダクターゼを抑制する効果が期待できます。亜鉛はほかにもカキやしじみ、ゴマやチーズなどにも多く含まれています。 また、緑茶に含まれる「カテキン」には脱毛を誘発するホルモンの抑制が期待できます。大豆製品と一緒に取ることで、抜け毛の原因であるジヒドロテストステロンの抑制に効果的です。  

頭髪の生育に役立つ食べ物

髪の毛の主な成分はたんぱく質。たんぱく質を多く含む食べ物は、健康な髪を育てることに役立ちます。 肉や魚もたんぱく質を多く含んでいますが、動物性のたんぱく質よりも植物性のたんぱく質のほうがおすすめです。 大豆製品は抜け毛対策にもなるうえ、たんぱく質を多く含む食品。積極的に取り入れたい食材のひとつです。 ほかにもミネラル類も大切です。 海藻類はミネラルはもちろん、ビタミンや食物繊維などバランスのいい食材なので、こちらも積極的に食事に取り入れるといいでしょう。

頭髪に悪い食べ物

髪の毛に悪い食べ物を控えることも大切です。 髪の毛に悪影響を与える食べ物はいくつかありますが、代表的なものは油っこい食べ物。揚げ物が好きでよく食べているという人は要注意です。 油は代謝を下げるだけでなく、毛穴の詰まりの原因になることもあります。糖分の摂りすぎも禁物です。 毛髪への栄養供給が鈍くなり、抜け毛や薄毛を誘発する原因になることもあります。 ほかにも栄養バランスの悪いコンビニフードやファストフード、炭酸飲料やアルコールなどもなるべく控えるようにしたいです。髪の毛に良い食べ物を積極的に摂っていても、髪の毛に悪い食べ物を食べ続けていると大きな効果を実感することができないかもしれません。 髪の毛に良い食べ物を積極的に摂りながら、髪の毛に悪い食べ物はなるべく避けることを心がけましょう。

薄毛対策に自毛植毛が選ばれる理由

薄毛の人は同時に自毛植毛を選択肢に入れたほうがいいでしょう。

AGA治療の先進国といわれるアメリカでは、10万人以上の人が自毛植毛の治療によって薄毛の悩みを解消しています。 AGA治療先進国で、なぜ自毛植毛が薄毛対策として選ばれるのか、その理由を見ていきましょう。

薄毛対策の効果が高い

アメリカで薄毛対策に自毛植毛が選ばれるのは、効果が高いからです。自毛植毛の場合には、移植された自分の毛が生着することにより毛髪が生え続けます。

AGA治療薬の効果は進行を遅らせたり、細くなった毛髪を太くする効果があるものの自毛がしっかりと生えるところまでは改善しません。また、人工毛植毛やかつらについては、自毛が生えたり増えたりすることはありません。

 

手間がかからない

さらに、自毛植毛はケアの手間がかからないことも選ばれる理由としてあげられます。

自毛植毛は、手術後のアフターケアは一切必要ありません。それに対して、人工毛植毛は定期的なメンテナンスとチェックが必要となりますし、かつらもケアが必要です。AGA治療薬や育毛剤も、毎日の内服や外用を継続しなければなりません。

まとめ

油っぽい食べ物はできるだけ控えたほうが良さそうです。さて、薄毛の悩みにお困りの方は一度、東京新宿の親和クリニック新宿院のような植毛専門クリニックにご相談に行ってみることをおすすめします。

 

 親和クリニックの公式サイトはこちら