ストレスと眼精疲労は薄毛の原因?

実はパソコンなどのデスクワークが多くなった現代人にとって、切っても切り離せないほどの悩みとなっている「眼球疲労」。実はこの眼球疲労は目を傷めるだけでなく、薄毛の原因ともなっています。
そして薄毛治療の技術は次第に進んできていますが、たとえとても進化した技術でも、ストレスをとても溜めていると薄毛治療が十分効果が得られない事があります。なぜストレスが極めて薄毛と関係し、どうしてストレス解消する必要があるのか。東京新宿の植毛クリニックの医師から聞いた知識をご紹介していきます。
 

天敵ストレス

薄毛治療はかなり進化してきてはいます。しかしやはり薄毛を促す原因がある限り治療が上手く進まなかったり、せっかく解消出来た薄毛がまったく台無しになってしまう事が出てきます。このやっかいな薄毛を促すとても大きな原因として近年注目されているのがいわゆる”ストレス”です。
ストレスは身体のリズムを極めて乱して薄毛を促し、薄毛治療をするに当ってもかなり大きな障害となってきます。

 

高水準になる薄毛治療

薄毛治療は近年ますます治療法もとても豊富に開発されてきており、薄毛解消の効果や精度も年々かなり向上してきています。今後もますます薄毛治療は更に進化していく、と見込まれるため、将来はさらに薄毛が解消しやすい時代が来るかもです。

なぜストレスが薄毛に影響する?

なぜストレスが薄毛に影響するのか。まず最も大きな理由と言えるのが、血行の悪化といえます。ストレスをすごく溜めていると血行不良となります。手や足はもちろん頭部の血行も悪くなります。髪の毛というのは血中の栄養素を素にどんどん成長していきますので、血行が悪くなり血液が頭部にほとんど上手く行き渡らないと、いくら薄毛治療をしても実はまた髪の毛が薄くなっていってしまいます。またストレスは内臓機能も低下させ、内臓機能が著しく低下すると髪の毛の栄養素となるたんぱく質がかなり生成され難くなります。こうなるとそのまま養素も行き渡らない、栄養素もないの二重苦となります。
次にアドレナリンの分泌が大きな理由として挙げられます。強いストレスを日々常々感じているとアドレナリンが多く、分泌されます。アドレナリンがかなり分泌されると頭皮の皮脂を「過酸化脂質」というものにそのまま変えてしまいます。過酸化脂質となってしまうとかなり頭皮や毛穴にダメージを与え髪の毛の成長を遮ります。こうなるといずれ深刻な薄毛を促す原因となってきます。

薄毛治療は日々進化していますが、根本的な原因となる多大なストレスは今後も消えることのない薄毛の天敵となります。ストレスばかりはクリニックでの治療にあわせ、自分なりのストレス解消法を見つけ、自発的にしっかりと解消していくことが大事です。

 

薄毛を促す

PCやスマホをかなり長時間利用する、書類や本などを長時間読んでいる、テレビやゲームなどを極めて長時間楽しむ、といったことを長く続けていると眼球がとても酷使され疲労していきます。
眼球疲労がひとたび起きると、目・頭・首・肩など顔周辺の血行がとても悪くなります。顔周辺の血行がとても悪くなると頭皮にも正常に血液が循環しなくなります。髪の毛というのは頭皮を流れている血に含まれる栄養素をもとにぐんぐん成長していくため、結果的に髪の成長が著しく妨げられ薄毛に繋がるわけです。

 

薄毛予防のための対策

薄毛を予防するには眼球と肩それぞれの血行を頑張って改善していくことがポイントとなります。方法としてはマッサージがかなり効果的です。眼球周辺、肩周辺にはツボが複数ありますので、ツボを指などでぐんと押しながらマッサージしていきます。1時間に1回程度、定期的にきちんとマッサージを行なう事で血行の流れがとてもスムーズになり血行悪化を防げます。
またマッサージだけでなく、適度にきちんと休憩を取り眼球や肩を休ませ、可能であれば散歩などでゆっくりと少し身体を動かすとより血行が改善され効果的です。

 

まとめ

 

ストレスと眼精疲労などによると思われる薄毛の悩みにお困りの方は一度、東京新宿の親和クリニック新宿院のような植毛専門クリニックにご相談に行ってみることをおすすめします。

 

 親和クリニックの公式サイトはこちら