薄毛対策に効果は実感できるのか

薄毛対策の方法は養毛剤から自毛植毛まで、さまざまな方法がありますが、できるだけハードルが高くない方法となると、養毛剤が選ばれやすいのは仕方がないことのようです。しかし、手軽なもので効果があるという結果は、なかなか望みにくいことではあります。

 養毛剤は期待を裏切られているとの結果

1回に使う料金としては安かったとしても、望むような効果が得られなかったとしたら、これはお金だけでなく時間の無駄づかいにもなりかねません。その実際のところを知ることができるようなアンケート調査を実施したのはgoodbody株式会社です。対象とされたのは全国の20〜60代の男女200名(男性100名、女性100名)。質問された項目は2つだけですが、実に興味深く、そして考えさせられる結果が浮かび上がってきました。

調査対象の男性(100名)のうち養毛剤を使用したことがあるのは73.0%で、薄毛に悩んでいる人が対策として養毛剤に手を出していることが多いのがわかります。養毛剤は、他の薄毛対策とともに実施されることも多いことから、使用したことがある人が多くなっているようです。

その養毛剤の効果について実感しているのかということですが、「育毛ヘアケア商品を使用して効果を感じましたか?」とのストレートな質問に対して、「とても効果を感じた」が4.5%、「効果を感じた」が9.1%と、効果があったと答えているのは合わせてわずか13.6%でしかありません。

効果を感じなかったほうの返答では、「効果を感じなかった」が59.1%、「全然効果を感じなかった」が27.3%、合わせて86.4%にも及んでいました。「効果を感じなかった」と「全然効果を感じなかった」という2つの選択肢からは、その違いがわかりにくいところもありますが、全然というのは使わなかったのと変わらない結果であったということで、感じなかったというのは効果があったと思われるものの実感が得られるほどではなかったというのが一般的な感覚です。

そのへんのニュアンスが少々違っていたとしても、合わせて86.4%もの男性が養毛剤は期待外れであったと感じているという結果は、他の薄毛対策の方法をすすめる根拠の一つになりそうです。

このアンケート調査で気になるのは、とても効果を感じたと返答している4.5%の人たちです。この4.5%は、たまたま優れた養毛剤に巡りあえたのか、それとも養毛剤との相性がよかったということになりますが、そんなにも効果がある養毛剤だったら、薄毛に悩んでいる人たちに評判になっているはずです。そんな評判を聞いたことがあるのか、とても効果があった人を見たことがあるのか、ということはとても気になることです。

次の質問は「知人で、薄毛からフサフサになった方はいますか?」で、これは男女ともに聞いています。前問に対して効果があったという人は13.6%いて、さらに「とても効果があった」と返答している人が4.5%いたのだから、少なくとも5%以上はフサフサになった人がいてもよさそうな感じです。

そこで結果を見てみると、薄毛からフサフサになった人について「います」という返答は3.8%でした。フサフサになった人が「いません」というのは残りの96.2%で、圧倒的に養毛剤を使うことで薄毛を克服できた人はいない、知らないという結果になっていました。

効果のある薄毛対策を選びたい

今回のアンケート調査でわかったことは、薄毛になってしまった場合には、フサフサという状態に復活するのは、なかなか難しいということです。

薄毛になった人は、もともとフサフサと呼べるような濃い状態ではなかったということが考えられるわけです。薄毛は遺伝や、もともとの毛髪の細さ、数の少なさ、抜けやすくなる生活環境など、いろいろな原因があるなかで、複数が重なっていることが考えられます。そういったことから、もともとフサフサという状態でなかったら、養毛剤に効果があったとしても、以前よりも濃い状態になったという結果は望みにくいはずです。

今回の調査を実施したのは、薄毛隠しスプレーを販売する会社だったので、「薄毛を隠す」という選択肢もあるのではないか、と結論づけています。養毛剤に効果がないと感じているなら、他の方法を選ぶようにすすめるのは当然のことですが、それが薄毛隠しのスプレーやカツラのように自分の毛髪とは異なるものでカバーするという方法だけではないはずです。そして、自分の毛髪を活かすという方法も大切な選択肢になってきます。

その効果がある選択肢として、薄毛が気になっている部分を、気にならない部分から移動させるという自毛植毛がすすめられています。

薄毛事情アンケート
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000069414.html